~ 魔女の目 ~

色は匂へど 散りぬるを  我が世誰そ 常ならむ

◆ 一日の終わり 










太陽が沈み、空の色が変わるころ





2017-20-1--10-30-36.jpeg








スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 梅の終わり 







梅の終わり




trackback: -- | comment: 3 | edit

◆ ヒヨドリ 







雨を弾くヒヨドリの羽





trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 防府天満宮の梅 その2 




2017-24-2--23-01-27.jpeg 



枝垂れ梅とメジロ





2017-24-2--23-03-09.jpeg 



まるでチュッ♡としているよう(笑)





2017-24-2--22-59-28.jpeg 



メジロは集団で行動するようで、ワ~ッとやって来て

けたたましく鳴いて騒いで?(私にはそう見える)サクッといなくなります。





2017-24-2--23-05-51.jpeg 



ジョビ男くんも、いますよ。





2017-24-2--23-04-34.jpeg 



どうしてもメジロに目が行きがちですが、さり気にいます!





2017-24-2--22-58-18.jpeg 



寒い2月もこうして終わり、桜が待ち遠しい3月です。






trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 防府天満宮の梅 




2017-24-2--23-09-41.jpeg



3月になりました。

「3月」という言葉だけで春めいた気分になって嬉しくなります。

梅に、寒桜、河津桜、菜の花・・・、いいですね~





2017-24-2--23-12-26.jpeg



1月30日、天満宮の梅はまだ蕾が多く、春まで遠く感じましたが・・・





2017-24-2--22-40-32.jpeg



これは2月22日の撮影です。

とってもきれいに咲いていて、一気に春に近づいた気がしました。





2017-24-2--22-39-18.jpeg



梅林でいろんな種類の梅に感動していると
目の前からアジア系外国人らしき女性と恋人らしき男性やって来て、
こう驚きの声を上げていました。

「すごいね、すごいね~!これみんなサクラだよ!!!」





2017-24-2--22-57-19.jpeg



いやいや、これウメだから。





trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 町を見下ろして 









大平山に行きました(ちょっと前になります)





2017-25-2--21-54-50.jpeg 



この日は夜景というより、夕陽とマジックアワーを撮りたくて。





2017-25-2--21-56-24.jpeg 



想像以上の陽ざしにちょっと驚き





2017-25-2--22-00-31.jpeg 



大平山から見る夜景は写真で見るより、実際見たほうがきれい!と知人は言いました。

私もそう思います!





2017-25-2--21-59-03.jpeg 



なんだか上手く撮れません。^^;

また撮りに行きたいものです。






trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 雪ねらい、失敗の巻き 









2月10日です。

雪が降っていたので、雪の舞う梅や鳥を撮ろうと思い公園へ行きました。





2017-24-2--22-30-51.jpeg



しかし、ちょ~っと風が強すぎ!

狙った雪が玉ボケにならず、線になってしまいました





2017-24-2--22-33-24.jpeg



梅も満開にはもう少しという感じでした。

雪もパラパラで・・・





2017-24-2--22-32-25.jpeg






trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 梅 









2月22日 撮影 天満宮にて



trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ マルコ、わる子!? 













最近、マルコがとんでもないことばかりしてくれます。

ま、猫ですからね、仕方ありません(笑)





2017-18-2--22-46-39.jpeg 









trackback: -- | comment: 0 | edit

◆ 冬の彩り 2 









2月12日の朝の雪です。

寒い朝でしたが、
チューリップの芽が春の近さを感じさせてくれました。





2017-18-2--22-38-52.jpeg




trackback: -- | comment: 0 | edit